2009年04月16日

【速報】フィギュアスケート国別対抗戦 浅田SP首位!

フィギュアスケートの世界国別対抗戦が16日に開幕。
第1日は男女のショートプログラム(SP)とアイスダンスのオリジナルダンス(OD)が行われた。
女子は浅田真央(中京大)が自己ベスト更新の75.84点で首位に立った。

(記事はこちら)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000028-maip-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000045-maiall-spo
毎日新聞

何といっても女子シングルの浅田選手!!
やりましたよ!最後にやってくれましたよ!


今期最後のショートプログラム。
やっと浅田選手の完璧な演技を見ることができましたね。
しかも、トリプルアクセルですよ!やっちゃいましたよ!
見事としか言いようがありません。

mao2.jpg

本音を言えば、ルッツと3−3は必要です。
しかし、ショートで遅れをとる事を考えると、今はこうすることがベストなのでしょう。
今は自信回復が第一です。
それにしても、浅田選手はルッツよりトリプルアクセルの方が安定感があるんですね。
不思議に見えるのですが、まったくすごい選手ですよ。
明日は絶好調のトリプルアクセルに2度挑戦することでしょう。
2度決まれば200点も夢ではありません。
大きく引き離されたキム選手との点差を一気に縮めるチャンスです。


さて、リンク先の記事にもありますように、ロシェット選手と安藤選手が同点。
ロシェット選手は不満そうな表情ですが、3−2と3フリップの着氷に乱れがある中での62点ですよ。
むしろ点出すぎではないでしょうか?
明日は安藤選手は4サルコウに挑戦。
ここしばらくジャンプの調子がよさそうなので、こちらもやってくれるでしょう。
スパイラルで乱れましたが、強弱のあるステップは見ごたえがありました。
安藤選手は顔の表情が豊かになったと荒川さんが言っていましたね。
ですが、私は水から勢い良く出てきたシンクロ選手の顔に見えてしまうのです……どうなのでしょう?
2人の日本選手に期待します!!



一方男子シングル。
織田選手は4−3を回避し、手堅くSP3位。
小塚選手は2度のジャンプにミスで大きく出遅れ10位発進。
首位はフランスのジュベール選手。
2位はアメリカのライザチェック選手。
世界選手権でジュベール選手の演技にいちゃもんをつけた“ビックマウス”パトリック・チャン選手は9位となりました。

ちなみに私はチャン選手を『オンナ版キム・ヨナ』と呼んでいます。
だって、2人とも演技は素晴らしいのに、他選手に対しての言動に関心できないんですも〜ん。


明日も精一杯応援するぞ!
みんながんばれ〜。

J子
posted by アプ at 22:24| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。