2009年03月29日

〜バンクーバーオリンピックへ向けて〜 浅田真央の今シーズンを振り返って

今シーズンもとうとう終わりを向かえました。

世界選手権では、まさかの4位という結果の浅田真央選手。
残念ではありますが、人間誰でも良い時・悪い時の波があります。
この結果が浅田選手をさらに大きく成長させることでしょう。
本当にお疲れ様でした。


今回は、今シーズンを振り返って、浅田選手の1年間の進化と成長を
浅〜く語りたいと思います。



maofp2.jpg
世界選手権『仮面舞踏会』でのラブリーゴスな衣装



全体を通して、ショートプログラムでのミスで遅れをとり、厳しい戦いが続いた浅田選手。
ショートでは、トリプルフリップ−トリプルループでのダウングレードやパンクに加え、
トリプルルッツが2回転になるミスが目立ちました。
フリーでは、ショートでも入っているトリプルフリップ−トリプルループと、
今期から取り入れたトリプルサルコウの失敗を目立ちました。
“ジャンプの申し子”と言われた浅田選手が、ジャンプに苦しんでいます。

今期はショートで大きく引き離されてしまうことが多く、『フリーでの大逆転』という浅田選手の勝ちパターンが、徐々に通用しなくなってきています。
その大きな原因は、ジャンプの回転不足判定でのダウングレード+GOEでの2重減点です。
私、このルール嫌いなんですけど…。
だって、3回転にちょっと足りないだけで、2回転の失敗扱いっておかしいですむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)…ありえない!!
せめて、GOEマイナス程度にとどめるようにルールを変えないと、
難易度の高い技に挑戦する選手がいなくなりますよ!
…と、ちょっと興奮してしまいました。




しかし、浅田選手は大きく成長しています。

ジャンプについて。
今シーズンは、何と言ってもフリーで果敢に挑んだ2度のトリプルアクセル。
シニアに上がってから、浅田選手のトリプルアクセルの着氷率は徐々に落ちていました。
しかし、グランプリファイナルでは、2度とも成功し、女子フィギュアに新たな歴史を刻みました。
ウィダーがサポーターになり、トレーニングを積んだ成果でしょうか。
ウィダーの人、ありがとう!!

そしてスピン。
シットポジション、今年は深いです! 立つ時も非常にスムーズです。
私も家でやってみましたが、立つ時がひざにきますよ、コレ・・・。
また、Y字スピンは形がほぼ“I字”状態です。
足を横に持ってきた“I字”がこんなに綺麗なのは、浅田選手とアメリカのシズニー選手、ジャン選手位でしょう。
ビールマンスピンも足がより上がり、芯が細く、回転速度が上がりました。

表現力について。
ひとつひとつのポジションが洗練され、全体を通して演技が優雅に見えます。
浅田選手の表現力は、体全体を使ったかたちの美しさにあると思います。
ショートの『月の光』では、ふんわりスイートな本来の持ち味を生かした演技を、
フリーの『仮面舞踏会』では、ストーリーに沿った鬼気迫るステップで新しい一面を見せてくれました。



度重なるルール変更が浅田選手を直撃し、今は少しだけ自信を失っているかもしれません。
しかし、浅田選手は常に前向きです。
その姿勢が多くのファンの心をつかむのでしょう。

来期へ持ち越された課題を克服するのは容易なことではありまでんが、
バンクーバーへ向けてひとつずつハードルを越えていって欲しいと思います。
オリンピックで浅田選手の笑顔が見たいから!
これからも、暖かく見守りたいと思います。


J子
posted by アプ at 23:15| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。