2009年03月20日

チワワちゃん 岡崎 京子


チワワ.jpg


私のお気に入りの漫画「チワワちゃん」です。
もう15年くらい前の作品ですが、私は最近読みました。
作者の岡崎京子さんは「ヘルタースケルター」という作品で知り、
それ以降本屋さんで見つけると買っています。

さて、その内容ですが……。



『突然、チワワちゃんがバラバラ死体となって発見された。
チワワちゃんと以前遊んでいた仲間たちはその死を知り、
それぞれがチワワちゃんの思い出を語っていく……。』


こんなお話です。
とても淡々としていていますが、グイグイ引きこまれます。
みんなチワワちゃんに対するイメージが異なります。
話が進むほど、チワワちゃんという人がわからなくなっていきます。
チワワちゃんが本音を語る事は一切なく、友人たちのセリフで語られるチワワちゃん。
「チワワちゃんってこんな人だったんだろうな…。」というイメージが、
読み手の中で『勝手に』作られていくんです。
一見身も蓋もない思い出話に見えて、奥では
イメージで人を見てしまうことの怖さを表現しています。


こう言ったテーマのお話はたくさんあるかも知れませんが、
見せ方と言うか、読ませ方がとにかくうまいです!!岡崎京子さんは。
機会があれば、岡崎さんの他の作品も紹介したいと思います。

J子




posted by アプ at 21:16| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。